骨粗鬆症にいいサプリ@骨密度を上げるならこれ!

骨粗鬆症 サプリ

女性に多い骨粗鬆症

 

閉経前後の更年期から、女性の骨粗鬆症が増えてくると言われています。これは女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少することによって、骨の代謝やカルシウムの吸収力が衰えることに原因があるとされています。

 

エストロゲンは女性らしい体つきを作るために作用するホルモンですが、実は骨を守る働きもしています。骨も新陳代謝を耐えず行っているのですが、更年期になるまでエストロゲンは破骨細胞の働きを抑え、骨のカルシウムの流出を防いでいたのです。しかしその働きが衰えてくると、骨の流出速度に骨の生成がついていけなくなります。そのため骨には空洞が出来るようになり、スカスカの状態になってしまうのです。

 

骨粗鬆症で怖いのは、自覚症状がなく何かの際にそれが発覚することです。何かの際の大部分は検査などではなく、実際に骨折をしてしまったシチュエーションで、場合によっては自分の体重が支えきれずに圧迫骨折を起こすことがあります。しかもそれは徐々に起こるものですから、骨折しても気づけないケースもあります。

 

高齢になると背中が曲がってきますが、これは骨粗鬆症から生じているものです。骨自体が壊れているため、どうしようもありません。また心臓や肺が圧迫されることによってさまざまな機能が低下するようになります。女性は男性に比べて骨粗鬆症が起こりやすく、男性の約3倍程度になると言われています。ですから検査の機会があればしっかり検査をして、自分の骨の状態をチェックしておくことが肝心です。

 

自覚症状が少ない骨粗鬆症

 

骨粗鬆症というのは骨のトラブルですから、自覚症状を感じる時はすでに大きな事故になっていることも少なくありません。気付いた時にはかなり進行していることが多いので、対策も後手後手になりがちです。

 

骨粗鬆症は、一日で生じることはなく、長年の生活習慣から生じる病気です。特に男女ともある程度の年齢にさしかかってから多くなってきます。ひとつのサインとして、重いものを持つ時や立ち上がる際に腰や背中が痛んだり、また背中が下だと眠れない、ちょっとしたことで骨折する、背中や腰が曲がる、こういった症状が見られたら要注意です。こうした症状を見逃すことで、重要な骨が折れたり曲がったりしてしまうリスクを高め、重大なトラブルを引き起こすこともあるのです。

 

骨粗鬆症から骨折を起こしやすいのは、背骨や足の付け根、手首、腕の付け根の部分です。転倒した際などについてしまったり、強い衝撃を受けることが多い部分だからです。もしもこういった部分がなんともないと思われた衝撃から骨折した場合には、全身にも同様に骨が弱っていることがありますので注意しましょう。

 

骨粗鬆症が疑われる場合には、早めに一度医療機関でしっかり検査を受けるべきです。その内容によって適切にアドバイスをしてもらえますので、生活の中で改善を試みることが出来ますし、必要に応じて薬物治療が行われることもあります。骨粗鬆症はすぐにはなりませんが、すぐに治せるものでもありませんので早期発見と早期治療が大切です。

 

骨密度を保つには?

 

骨密度というのは文字通り骨の密度のことですが、この密度が高ければ骨が丈夫でこの密度が低ければ骨が弱く折れやすいということを意味します。男女比で言えばやはり男性の方が骨密度が高い傾向にあり、女性はホルモンバランスの関係や運動量などによって低い傾向が見られます。

 

また性差ということで言えば、骨密度のピークはほぼ同じで20歳前後となりますが、女性の場合は40歳を過ぎた頃から骨密度の低下が始まります。一方の男性はそういった骨密度の低下が見られるのが基本的に60歳を過ぎてからと遅いので、さほど骨が問題なることはありません。加齢から骨密度が低下することがよく知られていますが、これはひとつにホルモンバランスの変化によるもので、カルシウムの吸収や骨代謝効率が変わってくるからです。

 

そしてもうひとつは運動量の低下があると見られています。運動によって適度に骨や筋肉を刺激することによって健康な体の状態は保たれているので、仕事を引退するようになったりすると運動の機会が激減するという人は注意しましょう。また加齢から外出して運動をするのが億劫になる人も多く、心身ともに引きこもりがちになると骨粗鬆症も多く見られるようになります。

 

若い人の中には極端なダイエット習慣などで栄養不足から骨粗鬆症を引き起こしている人が女性に多く見られます。若いうちは自分の体のためにも、また妊娠や出産のためにもしっかりカルシウムや鉄分は溜め込んでおきましょう。

 

骨粗鬆症は現代人は特に多くなってきていますが、主な要因はやはり運動不足と見られています。栄養は昔より豊富ですから、食事の内容に気をつけて、そして運動の習慣をしっかりすることを心がけましょう。

 

骨トレーニングを始めよう

 

骨粗鬆症になれば骨折のリスクが高まってしまいます。ちょっと転んだだけでも骨折しますし、何もしなくても自分の体重を支えきれずに徐々に骨折するという圧迫骨折という状態も多く見られます。そういったトラブルを防ぐためにも、しっかりと普段から骨を鍛えることが大事です。「骨トレーニング」の有効性は科学的にも確認されていて注目を集めています。

 

骨粗鬆症は特に痩せている人に生じやすいと言われています。特に女性は低体重を目指してダイエットなどをしていますが、それによって女性ホルモンの分泌が減少してしまう面があるとのことです。女性ホルモンのエストロゲンが骨量の維持のために作用しているのですが、これが弱ることによって骨が弱くなってしまうのです。

 

また体重による骨への負荷の問題があります。体重が重いのももちろん良くないのですが、軽すぎる場合には骨にかかる負荷が弱く、そのために骨密度の増加が促されないという場合があります。骨のトレーニングのためには、骨に適度に刺激を与える必要があるのですが、縄跳びを軽く飛ぶような気持ちで軽くジャンプをする運動がオススメです。階段を上ったりする運動も良いのですが、全身の骨にしっかり刺激をしようと思った場合にはジャンプするのが良いでしょう。

 

ただしヒザなどにもそれなりに負担がかかりますので、やりすぎは禁物なのと、あまり高くジャンプする必要はありません。ちょっとしたジャンプでもいいですし、階段の一段目あたりから飛び降りるくらいでOKです。毎日少しずつ行って健康な体の状態を維持しましょう。

 

筋トレが骨粗鬆症予防に良い

 

筋トレというと筋肉のことばかりがクローズアップされますが、筋トレを行う時には筋肉だけではなく腱や骨も強くなっていきます。筋トレは骨を強くして骨粗鬆症の予防にも効果を発揮するのです。

 

骨を強くするためにはカルシウムやマグネシウムといったミネラルの摂取が重要だと言われているのですが、ミネラルだけではいけません。骨を強くするためには、適度な刺激が必要になるのです。筋トレは骨にも刺激があるので、しっかり栄養摂取をすることによって自然と骨も強化されるようになります。

 

化学的には骨に圧力をかけることによって骨にマイナスの電位が生じ、プラスの電位を帯びたカルシウムが骨に定着しやすくなるという現象が起こっているそうです。また筋トレによって成長ホルモンの分泌が盛んになり、成長因子の働きが盛んになって骨の成長や修復も促されると言います。ですから筋トレは骨の強化にも効果的なのです。

 

注意したいのは、骨に関しては重いものを持ち上げることが大事なのではないということ。自分の筋肉の力量以上のものを持ち上げようとしたりすると骨格で支えざるを得なくなり、それは骨にとっても強い負担となり骨の破壊に繋がります。

 

基本的には筋トレは自分の筋力に合わせたものを行い、骨に関する刺激は低く抑えるようにしましょう。そうでないと筋肉にも骨にも逆効果となってしまいますから注意しましょう。

 

牛乳を飲めば骨が強くなるは勘違い

 

骨を強くするために食事に気を使っている方も多いと思いますが、実は骨を強くするために摂取しているはずの牛乳が、骨を強くはしてくれないこともあることをご存知でしょうか。その理由は牛乳にはカルシウムが実際に多く含まれているものの、実はカルシウムというのは脂肪酸が多くある環境下では吸収がうまく出来ないもので、牛乳のカルシウムは思っているよりも体に取り込まれていないのです。

 

実際に欧米圏は日本より多くの牛乳を飲み乳製品をたしなむ国々ですが、日本と比較して骨折率が4〜5倍になるなど明らかに骨が弱いのです。骨粗鬆症に悩む方も多いと言われています。

 

牛乳には多くの脂肪酸とリンが含まれていますが、体内にリンが多く吸収されるようになると血中のリンのイオン濃度が高まるのですが、するとその分血中のカルシウムイオン濃度が低下するようになっているのです。そのためリンが大量に摂取されると、それによって骨のカルシウムまで溶け出してしまうようになります。またリンが多いという意味では加工食品やインスタント食品にも注意が必要で、これらがカルシウムの吸収を阻害するようになるのです。

 

こういった理由でカルシウムは牛乳で摂取するというのは、実はそれほど有効ではない可能性が浮上しているようです。カルシウムの補給に最も良い方法のひとつは、日本では昔から親しまれてきた小魚を食べることなのだそうです。昔の欧米人は日本人が粗食であるにも関わらず骨が強いことに驚いたそうですが、こうした食文化の影響があったのでしょうね。

 

骨を強くするカルシウムの摂り方

 

骨粗鬆症の対策としてカルシウムの摂取は欠かせませんが、カルシウムを効率良く摂取しようと思ったら実は夜間に摂取するのが良いとされています。カルシウムは夜間に血液中に溶け出して消費されています。起きている間であれば食事などを通して補給することが出来ますが、夜間は食事が出来ない時間が長いため、カルシウムが不足すると骨から血液中にカルシウムを放出するようになっています。血液中のカルシウムは神経の伝達などに関わっているので、あまり減らすことが出来ないのです。

 

必要不可欠な消費ですから、骨が弱くなってしまうのは仕方ありません。これを防ぐためには、夜にしっかりカルシウムを摂取しておくのが有効ということになるんですね。ただカルシウムの過剰摂取は、血液をドロドロにしてしまい様々な血管障害のリスクをもたらしてしまいますから、過剰にはくれぐれも注意しましょう。

 

またカルシウムの摂取をさらに効率化するためには、ビタミンDとビタミンKを一緒に摂るのが良いと言われています。ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、ビタミンKは骨からのカルシウムの放出を止める役割をしています。これらを含む納豆やキノコ類をしっかり食べるようにすると良いでしょう。

 

ビタミンDは体内でも合成することができ、そのためには日光を浴びることが必要となります。朝起きたら骨を強く作るためにも、バッチリ目覚めるためにも日光を浴びるように習慣づけると良いでしょう。ぜひ骨を丈夫にして骨粗鬆症などのトラブルを予防しましょう。

更新履歴